CRMなら顧客情報の管理や分析を任せられて作業がスムーズになる

名刺が変える会社の未来

スーツ姿の人達

デジタル化で会社の資産に

ビジネスシーンで、最も重要なアイテムのひとつに「名刺」がある。いわば自分の「顔」とも言える存在である。様々な顧客と初めて対面する際に交換することで今後のビジネスにおいての糸口やコネクションができるため、相手方の名刺をたくさん持っていることが自分の仕事を有利に働かせる。しかし一方で、多くの名刺を持つことにはリスクも生じる。名刺と言っても厳然たる「個人情報」に該当する。紛失するということは、相手に失礼といったことだけでなく、「個人情報の漏洩」に該当するから注意が必要である。もちろん、ビジネスの面からしても相手方との連絡手段を失うことにもなり、様々な面からデメリットしかないのが明白である。そこで近年、「名刺管理」に注目が集まっている。かつての「名刺管理」といえば、名刺フォルダに名刺を五十音順などに整列して入れて、必要な際に見返すといったことが主流であった。しかし現在はデジタル化が進み、スマートフォンのアプリなどを利用して、より手軽で正確に名刺管理ができるようになってきた。アプリをインストールし、アプリ内のカメラで撮影すると、自動的に文字を認証してデータ化されるという仕組みである。これを利用すると、名刺フォルダを何冊も持たなくてもよいし、検索・確認も簡単にできるのが特徴である。さらに法人単位で利用すると、他の営業マンとの情報共有も容易になり、その顧客を複合的に管理することも可能になるのだ。名刺はもはや、営業マン一人のものではなくなった。名刺にはそこでしか知れない情報もある。名刺管理を適切に行うことこそ、企業としての業績にも直結するといっても過言ではない。